ペット火葬ペット火葬の副葬品

ペット火葬の副葬品について

ペット火葬車とその機械室を開けている様子

人のお葬式同様、ペット火葬の現場でも、副葬品に関するご質問をいただく事が多くあります。今回はその副葬品についてお話をしたいと思います。

副葬品とは

副葬品とは皆様ご存じのとおり、亡くなった方と共に柩の中に一緒に納めてあげる品物の事を言います。これは国や地域関係なく、遥か昔からある人類の風習ですね。

納める品物は、故人が生前好きだった嗜好品や思い出の品、もしくは死後の世界で故人が必要と思われる品物など実に様々です。すべての品物に共通して言えることは、亡くなった方に対する「家族の想いがいっぱい詰まっている」ということです。

ペット火葬の現場でも、やはり「家族の一員」として過ごしてきた想いから、副葬品を一緒に納めてあげたいという保護者様は多くいらっしゃいます。

どんな品物を入れてもいいの?

これは当社「ねこ斎場」でもとてもよくある質問ですね。やはり「天国に行ってもお腹が空かないように、ごはんやおやつを持たせてあげたい」、「退屈しないようにオモチャも一緒に持たせてあげたい」等、亡くなった猫ちゃんへの想いから、そのように願う保護者様は多いと思います。

なので今回は、一緒に納めても問題ない副葬品と、納めないほうがよい副葬品をご紹介したいと思います。

一緒に納めても問題ない副葬品

まずは一緒に納めても猫ちゃんのお骨には影響のない副葬品からリストアップします。

  1. ごはん・おやつ
  2. お花
  3. 首輪
  4. お手紙・写真
  5. 小さなぬいぐるみ・おもちゃ(プラスチック製品は不可)
 
注意点

1.の「ごはんやおやつ」は、猫ちゃんと一緒に持たせてあげても何ら問題はありません。ただしパウチの袋は燃やせないので、一緒に納める際は紙かティッシュにお包みするか、お台所で使用しているような小さなビニール袋などに移し変えておく必要があります。

5.の「小さなぬいぐるみ・おもちゃ」ですが、ぬいぐるみは一つか二つ程度にしていただき、おもちゃはプラスチック製は納めることはできません。

一緒に納めない方がよい副葬品

次に、猫ちゃんのお骨に影響があったり、環境的な問題で納めないほうがよい副葬品をリストアップします。

  1. 毛布・ペット用ベッド
  2. ダンボール
  3. 不燃物全般
説明

1.の「毛布・ペット用ベッド」などの繊維品は、主にお骨上げの際に影響が出てしまい、量が多ければ多いほど燃えカスがたくさん出てしまうことがあります(お骨に着色することもあります)ので、猫ちゃんを包んでいた毛布は炉前で外しご安置します。

2.の「ダンボール」も1.の項目と同じ理由によりそのまま炉に入れることはできません。

3.の「不燃物全般」とは「缶・瓶・プラスチック・ビニール・ゴム・革製品」のことで、環境問題はもちろん、お骨に付着する可能性が高く、当社の黒煙抑制・サイクロン機能の付いたペット用火葬炉でも、異臭を放ちます。

まとめ

すべては亡くなった猫ちゃんのためにご協力いただく項目となります。副葬品とは、猫ちゃんとの想い出やご家族の気持ちがたくさん詰まった品物ですので、納めてもよいかわからないときは、スタッフにお気軽にお尋ねいただければと思います。

飼い主に抱っこされている黒猫